都城鍼灸ジャーナル

宮崎県都城市で鍼灸師をしている岩元英輔(はりきゅうマッサージReLife)です。1日1つは論文を読んで、記録するためのブログです。

下腿浮腫の考え方

本日は、下腿浮腫について。

 

下腿浮腫は、発生頻度が高いわりに、レビューされることが少ないです。

そんな中で、今回扱った報告は実践的なアプローチでまとめられた貴重な報告です。

 

 2006 Mar-Apr;19(2):148-60.

Approach to leg edema of unclear etiology.

 
 
高齢者における下肢浮腫の最も一般的な原因は、静脈不全です。初経と閉経の間の女性の最も一般的な原因は特発性浮腫であり、以前は「循環」浮腫として知られていました。浮腫の一般的だが認識されていない原因は肺高血圧症であり、これはしばしば睡眠時無呼吸に関連しています。静脈不全は、脚の挙上、圧迫ストッキング、時には利尿薬で治療されます。特発性浮腫の初期治療はスピロノラクトンです。日中の傾眠、大きないびき、または17インチ以上の首囲など、睡眠時無呼吸と一致する所見がある患者は、心エコーで肺高血圧症を評価する必要があります。時間が限られている場合、医師は評価を後の予約まで遅らせることができるか(たとえば、慢性両側性浮腫を伴う無症候性の患者)、または現在の来院時に完了する必要があるか(たとえば、呼吸困難の患者または急性浮腫の患者[<72時間])。現在の訪問時に評価を実施する必要がある場合、図1に示すアルゴリズムをガイドとして使用できます。後日の検査を待つ可能性がある場合は、患者を簡単に診察して明らかな全身性の原因を除外し、基本的な臨床検査を予約する必要があります(血球数、尿検査、電解質クレアチニン、血糖、甲状腺刺激ホルモン、およびアルブミン)。
 
下腿浮腫を起こす疾患;
 

米国における下肢浮腫の一般的な原因

 
片側 両側性
急性(<72時間) 慢性 急性(<72時間) 慢性
深部静脈血栓症 静脈弁機能不全   静脈弁機能不全
      肺高血圧症
      慢性心不全
      特発性浮腫
      リンパ浮腫
      薬剤性
      月経前浮腫
      妊娠(エストロゲン)・妊娠中毒症
      肥満
 
 
表2。

米国における下肢浮腫の一般的ではない原因

 
片側 二国間
急性(<72時間) 慢性 急性(<72時間) 慢性
破裂したベイカー嚢胞 二次性リンパ浮腫(腫瘍、放射線、手術、細菌感染) 両側深部静脈血栓症 腎疾患(ネフローゼ症候群、糸球体腎炎)
up腹筋の内側頭の破裂 骨盤腫瘍またはリンパ腫により静脈に外圧が生じる 全身性の原因の急性悪化(心不全、腎疾患) 肝疾患
コンパートメント症候群 反射性交感神経性ジストロフィー   二次性リンパ浮腫(腫瘍、放射線、細菌感染、フィラリア症に続発)
      外圧を引き起こす骨盤腫瘍またはリンパ腫
      Dependent edema
      利尿薬による浮腫
      Dependent edema
      Preeclampsia
      Lipidema8
      貧血
 
 

米国における下肢浮腫のまれな原因

 
片側 両側性
急性(<72時間) 慢性 急性(<72時間) 慢性
  原発リンパ浮腫(先天性リンパ浮腫、前胸部リンパ浮腫、遅発性リンパ浮腫   原発リンパ浮腫(先天性リンパ浮腫、前胸部リンパ浮腫、遅発性リンパ浮腫
  先天性静脈奇形   タンパク漏出性胃腸炎、低栄養、吸収不良症候群
  メイ・サーナー症候群(腸骨静脈圧迫症候群)51   収縮性心膜炎
      Restrictive cardiomyopathy
      Beri Beri
      粘液水腫
 
病歴:
1.発症時期
急性72時間未満なのか慢性なのか?
急性ならば深部静脈血栓症は強く疑う。
 
2.痛みを伴うか?
痛みを伴う場合、深部静脈血栓症、反射性交感神経性ジストロフィー(現在のCRPS)、慢性の静脈弁機能不全も軽度の痛みがでることがある。
リンパ浮腫は通常痛みはなし。
 
3.薬剤の服用歴
カルシウム拮抗薬、プレドニゾロン、抗炎症薬は一般的。
しかし、薬剤性は可能性があるものを含めると非常に多岐に渡るため、最近開始した薬・サプリ・市販薬は丁寧に聴取する
足浮腫原因薬物
 
降圧薬
    カルシウム拮抗薬
    ベータ遮断薬
    クロニジン
    ヒドララジン
    ミノキシジル
    メチルドーパ
ホルモン
    コルチコステロイド
    エストロゲン
    プロゲステロン
    テストステロン
その他
    非ステロイド性抗炎症薬
    ピオグリタゾン、ロシグリタゾン
    モノアミンオキシダーゼ阻害剤
 
4.心臓、肝臓、腎臓の既往歴はあるか?
 
5.骨盤や腹部の悪性腫瘍の既往、または放射線治療の既往はあるか?
 
6.浮腫は、朝には改善しているか?
静脈浮腫は朝に改善傾向を示すことがリンパ浮腫よりも多い。
 
睡眠時無呼吸症候群は、肺高血圧症の疑いを強める。
 
身体所見;
1.BMI睡眠時無呼吸症候群や静脈不全と関連する
2.浮腫の分布
片側性か?両側性?
3.圧痛は?
4.静脈瘤は?
5.Kaposi-Stemmerの兆候~つまめなかったたリンパ浮腫の可能性が上がる
「Kaposi-Stemmerの兆候」の画像検索結果
6.皮膚の変化
7.全身性疾患の兆候は?
 
 
 
鍼灸師には合わない部分もあるかと思いますが、おおまかな全体像はこんな感じ。
 
特発性浮腫について。
特発性浮腫は月経中の女性にのみ発生し、20代および30代に最も一般的です。同義語には、体液貯留浮腫、起立性浮腫、周期性浮腫が含まれます。しかし、症状は月経周期を通して持続し、特発性浮腫は月経前浮腫と区別されるべきです。特発性浮腫は、直立姿勢での病的体液貯留をもたらし、女性は通常、日が進むにつれて1.4 kgを超える体重増加に気づきます。ただし、体重増加はわずか0.7 kgになる場合があります。患者はしばしば、足のむくみに加えて顔面および手の浮腫を訴えます。いくつかの確認テストが利用可能。しかし、診断は通常、病歴および身体検査により全身性疾患を除外した後に臨床的に行われます。確認テストは、診断に重大な疑いがある場合にのみ示されます。肥満とうつ病はこの症候群に関連している可能性があり、利尿薬乱用が一般的です。
 
基本的には、若年女性で他の病因が疑われない場合、特に検査の必要もないとのこと。
 

特発性浮腫のテスト

 
朝と夕方の体重:患者は、朝と就寝前に食べ物や水分を摂取する前に、空の膀胱で体重を測定する必要があります。平均体重増加> 0.7 kgは特発性浮腫と一致する。
負荷試験:利尿薬を少なくとも10日間避けた後、患者は20 mL / kg体重(最大1500 mL)の氷水を20分間、午前7時30分から午前9時の間に飲みます。患者は1時間ごとに尿を採取し、口腔液負荷の1時間前から4時間後に終了します。初日は、この4時間の間、患者はゆっくりと歩くか立っている必要があります。2日目に、患者は水分負荷と尿採取を繰り返しますが、4時間は横になる必要があります。特発性浮腫の患者では、水分負荷の55%未満が直立姿勢で排泄され、65%以上が横姿勢で排泄されます。
 
下腿浮腫に関するレビューで読んできたなかでは、最も系統だって解説されていると思います。ただ、浮腫の発生頻度については注意が必要な部分もあるのかな?とも思います。