都城鍼灸ジャーナル

宮崎県都城市で鍼灸師をしている岩元英輔(はりきゅうマッサージReLife)です。1日1つは論文を読んで、記録するためのブログです。

子どもの痔の症状とリスクファクター

2019;35(3):696-700.
 doi: 10.12669/pjms.35.3.442.

External hemorrhoidal disease in child and teenage: Clinical presentations and risk factors

 
子どもの痔は増加傾向にあるよう。
 
56名の痔の患者(男性48名、女性8名)と対照群として40名の健康な子供
男性に多いのは、肛門菅が男性の長いから?
肛門の特徴|家庭の医学|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト
両グループの比較をすると、
家族歴がコントロール群は陰性(家族歴なし)が約8割、痔グループは半数が家族歴あり
便秘も同様
トイレは、コントロール群に比べビデを使用することが多い(これは海外ならでは)。ビデ使用者は座位時間が長くなるためと考察

Table-I

Comparison of patients’ characteristics between hemorrhoids and control groups.

Characteristics Hemorrhoids (n=56) Controls (n=40) P
Age (months) 140.8±45.6 130.07±38.07 0.229
Gender Female 8 (14.3) 18 (45) 0.001
Male 48 (85.7) 22 (55)
Toilet Squat 27 (48.2) 28 (70) 0.033
Bidet 29 (51.8) 12 (30)
Family History Positive 29 (51.8) 7 (17.5) 0.001
Negative 27 (48.2) 33 (82.5)
Constipation Positive 33 (58.9) 10 (25) 0.001
Negative 23 (41.1) 30 (75)
BMI Normal 53 (94.6) 38 (95) 0.938
Obese 3 (5.4) 2 (5)

Data are shown as mean ± standard deviation and n (%)

 
臨床症状;
肛門近くのしこり・腫れ
直腸痛や座りにくい
非出血性分泌物
がトップ3
かゆみや出血は少数

Presenting symptoms.

  Patients (n=56)

n Percent (%)
Lump near anus 30 53.5
Rectal pain or difficulty sitting 16 28.5
Non bleeding mucus discharge 14 25
Itching 8 14.2
Bleeding 5 8.9
 
子どもの痔については報告数が少なく、今後はもっと大規模な検討が必要。