都城鍼灸ジャーナル

宮崎県都城市で鍼灸師をしている岩元英輔(はりきゅうマッサージReLife)です。1日1つは論文を読んで、記録するためのブログです。

子宮内膜症と耳介迷走神経刺激

2021 Jan 14;11(1):1345.
 doi: 10.1038/s41598-020-79750-9.

Reduced vagal tone in women with endometriosis and auricular vagus nerve stimulation as a potential therapeutic approach

 
子宮内膜症は、エストロゲン依存性疾患であり、慢性炎症も関与する。
慢性炎症は繰り返す子宮内膜の損傷と修復により起きた結果とされる。
この過程では、自律神経や感覚神経からの神経メディエーターが関わるとされる。
 
迷走神経(コリン作動性)は、腹腔内の臓器を支配し、炎症制御に関わることが報告されおり、子宮内膜も密に分布してはいるが、炎症とのかかわりは不明な点が多い。
 
まずは、迷走神経の関わりを調査する目的で、子宮内膜症患者(n=45)と健常人(n=42)の自律神経(心拍変動)を調査。
その結果、副交感神経の抑制が起こっており、交感神経とのバランスが破綻していることが示唆された。
 
図1
 
次に、迷走神経を切断したマウスで子宮内膜症の発症にどう影響するか?を観察。
その結果、切断することで、発症が促進された。
 
次に、迷走神経を刺激(VNS)すると進行を抑制できるのか?をマウスで観察。
発症から2週間後にVNSを行った。
その結果、
有望な治療効果を示した。
 
 
figure3
 
VNSはいつでも行っても効果はないかもしれませんが、初期であれば有用かもしれません。