都城鍼灸ジャーナル

宮崎県都城市で鍼灸師をしている岩元英輔(はりきゅうマッサージReLife)です。1日1つは論文を読んで、記録するためのブログです。

サプリとしてGABAは有効?

Review
 
2015 Oct 6;6:1520.
 doi: 10.3389/fpsyg.2015.01520. eCollection 2015.

Neurotransmitters as food supplements: the effects of GABA on brain and behavior

 
不安障害の詳細な原因は不明だが、セロトニンノルアドレナリン・GABAが関与するとされる。
GABA(ガンマアミノ酪酸)を食品として摂取することは、不安障害の改善に寄与するのか?
 GABAは、脳の神経伝達物質として、抑制系として作用。
 
食品サプリとして、不安軽減や睡眠改善に効果があると感じる消費者は多い。しかしその一方で、長い間、GABAの食品摂取は、血液脳関門を通過できないと考えられていた。そのためGABAサプリはプラセボ効果とされていた。
 
写真やイラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はfpsyg-06-01520-g0001.jpgです。
 これまでの研究では、初期はGABAは血液脳関門を突破できないというものでしたが、その後通過するという反する結果がでてきた。
投与方法の違いや動物研究の種類の違いなども示唆されているが、血液脳関門にはGABAを輸送するトランスポーターが発見された(動物において)。
ヒトにおいてGABAが血液脳関門を通過するという証拠はない。
 
近年では、プラセボ対照試験において、高所恐怖症・心理的ストレス環境下での算術などでGABAサプリ摂取群に良好な結果が得られたとしている。
注意事項として、1つはGABAサプリ会社の報告であったり、利益相反の記載がない報告であることが指摘されている。
 
血液脳関門をGABAが通過するか不明だが、別の仮説として腸管神経系を介した可能性が示唆されている。
迷走神経刺激により脳脊髄液のGABA濃度が増加するなどの報告があり、こうしたことから脳にも影響を与える可能性があるとされているよう。さらなる研究が必要。
 
このレビューでは、GABAサプリが人において有益かどうかは分からないというものです。