都城鍼灸ジャーナル

宮崎県都城市で鍼灸師をしている岩元英輔(はりきゅうマッサージReLife)です。1日1つは論文を読んで、記録するためのブログです。

パーキンソン病の症状や徴候の診断精度

Review
 
2003 Jan 15;289(3):347-53.
 doi: 10.1001/jama.289.3.347.

Does this patient have Parkinson disease?

 
 基準を満たした6編の文献をもとにパーキンソン病の症状とサインの精度を調査。
 
 
PDF] Does this patient have Parkinson disease? | Semantic Scholar
 
 
 
症状の精度:
 
PDF] Does this patient have Parkinson disease? | Semantic Scholar
 
 サインの精度:
PDF] Does this patient have Parkinson disease? | Semantic Scholar
 
Glabella Tap Sign(眉間軽打試験;Myerson試験):
眉間を軽くタップすると反射的に両目の瞬目が起こる。通常はこれを5-10回繰り返すと反射は消失するが、それ以上続くと陽性となる。
LR+4.5(2.8-7.4)、LR-0.13(0.03-0.47)
と高い精度

f:id:ararepyon:20200809083653p:plain

継足歩行困難:
LR+2.9(1.9-4.5)、LR-0.32(0.15-0.70)
 固縮や無動:
LR+4.5(2.9-7.1)、LR-0.12(0.03-0.45)